ネット証券ならSBI証券をおすすめする理由


Posted On Apr 9 2016 by

ネット証券会社はたくさんありますが、
数ある中で何故にSBI証券が良いかを説明します。

証券会社を選ぶとき気になるのがコスト面、売買手数料などですが、
これは実はどの証券会社も大きくは変わりません。
売買額により変わるのが一般的で単純な比較はしにくいのですが、最安の部類に入ります。
例えば100万超の取引でも、証券会社によって変わるのは数百円のレベルなので、
あまりここは気にせずそれ以外で考えた方がよいと思います。

具体的には商品ラインナップや各サービスだとおもいますが、
取り扱い投資信託数・IPO株などがネット証券でトップクラスの数の多さであり、
ここら辺の充実は株式投資初心者から中級者にいくにつれて目を向けるところです。

そして地味なサービスですが貸し株制度というのが、
自分が持っている株を他社に貸すことにより貸し株手数料という定期収入を得ることができます。
どういう事かというと、購入したがしばらく売る予定のない株、塩漬け株と俗に言います、
を空売りしたい他の投資家に貸す事により、貸し株手数料(高くても1%ぐらいですが…)を手にできます。
これは配当などとは別に入ってくるお金であり、
株式売買ではなく貯金感覚で投資したい人に向いています。

SBI証券ではこの貸し株以外でも、
塩漬け株を担保株としてFX投資を始めることもでき、
株を買ってもしばらく売らない投資家にとって向いているサービスが充実しています。

まとめると株の売買を繰り返すのではなく、
NISAなどを利用して長期に株を持つことにより利益を得たい投資家にとって、
株の二次的な利用をできる制度の充実してるSBI証券をおススメします。

Last Updated on: April 9th, 2016 at 12:19 pm, by かたつむり博士


Written by かたつむり博士