株初心者でもできるIPO投資とは

「株で稼ぐ」と聞くとどんなイメージがあるでしょうか。
多くの方は部屋にモニターをたくさん並べて一瞬の値動きで稼ぐデイトレや、
会社の成長を見越して何年も保有する長期投資をイメージするでしょう。
もちろんこれらの方法も株で稼ぐための手段ではありますが、
どちらの方法も勝つためにはそれなりの経験や知識が必要となり、
初心者が真似しようと思っても失敗する確率が高いです。
しかし経験のない初心者でも効率よく稼ぐことができ、
専門的な知識や経験がなくてもできる投資法としてIPO投資があります。
ここでは誰でも簡単にできるIPO投資について解説します。

ipo

●そもそもIPO株とは何なのか
IPO株は新規公開株と呼ばれるもので、
これから新たに上場する企業の株を事前予約のように買える仕組みです。
上場前の株なので株価は公募価格という参考価格での募集となります。
この公募価格は「市場に出ればこれくらいの価値があるだろう」という、
予想をもとに主幹事となる証券会社が設定しますが、
多くの場合は実際の企業価値より低い基準で設定されます。
そのためIPOに参加して公募価格で株を買うことができれば、
実際に市場での取引きが始まれば購入価格より高く売ることができるのです

●IPO株で勝つための売り方
公募価格は実際の企業価値からすれば安く設定されますが、
それでも取引がはじまれば株価は上下を繰り返します。
特に市場での取引きが始まって数日は乱高下することが多く、
そのまま売らずに持っていると含み損を抱えることも珍しくありません。
では初心者がIPO株で高確率で利益を得るにはどうすればいいのか。
答えは「上場日の取引き開始と同時に成行で売ること」です。
実は取引が始まると値動きが激しくなるIPO株ですが、
はじめてつく値段(初値)は80%以上の確率で公募価格より高くなります。
つまり上場日の市場が始まる前に成行注文をだしておくだけで、
80%以上の確率で利益が発生することになるのです。
この方法なら経験や知識は不問なので株初心者でも勝つことができます。

●株の知識がゼロでも実践できるか
IPO株を初値で売る投資方法であれば株の専門知識は不要です。
ただし株を買って売るまでの基本的な流れや、
売ってから自分の口座に入金されるまでの期間など、
株には独自のルールがあるので知っておくと便利です。
それでも基本的な知識だけではじめられるので、
ちょっと勉強すれば投資に無関心な方でも一週間あればはじめられます。

●IPO投資に必要なもの
IPO株に限らず、株を売買するには証券会社の口座が必要です。
通常は証券会社を選ぶときは手数料の安さなどがポイントになりますが、
IPO投資を目的にする場合は少し選ぶポイントが変わってきます。
そもそもIPO株に未対応で買えない証券会社も多いので、
IPO株が買える証券会社の中から条件に合った証券会社を選びます。

IPO投資の参考になるサイト
117ic 誰でも簡単にできる!魅力的なIPO株
IPO株の魅力や初値売りの方法を紹介
117ic SBI証券で株をはじめるメリットと口コミまとめ
IPOの取扱いが多いSBI証券の魅力や活用方法

Last Updated on: May 6th, 2017 at 10:42 am, by かたつむり博士