お金を友人に貸す時に気を付けた方が良い事

Posted On Sep 30 2017 by

お金に困っている友人を見ると、自分が何とかしてあげたい気持ちになる時があります。そんな時に気を付けた方が良い事があります。 お金を貸す時はきちんと契約書を発行し、契約書の内容をきちんと書いておくことが重要です。 書く内容としては、借り入れを行う金額、利息、返済日、返済できなかった時の為の保証人等を記載しておく必要があります。この事をきちんと行っておくことによって、相手が返済できなくなった時には保証人に返済の請求をする事が出来ます。 また、保証人についてですがこれも重要な事になってきます。その理由につきましては保証人を存在しない人物名を書かれてしまった場合には、返済できなくなってしまった時には保証人も返済請求が出来なくなってしまいますので、友人にお金を貸す場合におきましては、保証人を信頼できる人物にしてもらう事が重要になります。 信頼できる人物としましては、両親や兄弟を保証人にして頂く事が重要で、実際に保証人が記載した事を証明する為に保証人に会って話をする事も重要です。このように友人にお金を貸す場合においては、きちんとした書類、保証人を付けてもらう事によって返済できなかった時にお互いが嫌な思いをする事なく出来るのです。 参考ブログ:困った時こそ役に立つ!お金の知識