バイク高く買い取り…買い取ってくれない!

Posted On Apr 27 2018 by

私は出張買い取りのバイク王に来てもらい、原付(ライブディオ)を査定してもらいもらうことで、少しでもお金になればと思い査定しました。 セル、キックでのエンジン稼働は良好、マフラーは純正に戻し、車体は目立ったキズはないかなりキレイな状態の原付でした。できる限りのメンテナンスをバイクをいじることが好きな友人に依頼し、完璧の状態でした。 査定当日、バイク王のスタッフからやってきて、稼働や車体の状態などをチェック。これなら高く買い取りできそうかもとのこと。しかし、店に電話かけたスタッフは電話ごしに上司に原付の状態を報告し、その後、私に査定結果について話をしてきました。 なんと、全込みで1万5千円ですとのこと。意味がわからず聞き直すと、処分料が必要になるので支払ってくださいと言われました。電話前とは全く違う査定で、納得がいかず。もちろんお金を出してまでは処分はあほらしいので、帰ってもらいました。 後から調べてみると、バイク王に原付の買取を依頼するとリユース料(処分料)を請求されるケースがあるようです。 古くて動かないバイクなどでも発生するようなので、バイク王を利用する予定の方は注意してください。 まさか買い取りでうたっている出張バイク屋に買い取りではなく、処分料つけてお金を払うなんて有り得ない状況でした。知り合いに相談し、友人経由でオークションで売却することになり、原付の状態が良かったので、4万で売れることになりました。友人たちに1万ずつ渡し、自分の手元に1万、入ってきました。出張バイク屋はあんまり信用ができなくなりました。 参考:バイク王の査定や買取の口コミは?


お金を友人に貸す時に気を付けた方が良い事

Posted On Sep 30 2017 by

お金に困っている友人を見ると、自分が何とかしてあげたい気持ちになる時があります。そんな時に気を付けた方が良い事があります。 お金を貸す時はきちんと契約書を発行し、契約書の内容をきちんと書いておくことが重要です。 書く内容としては、借り入れを行う金額、利息、返済日、返済できなかった時の為の保証人等を記載しておく必要があります。この事をきちんと行っておくことによって、相手が返済できなくなった時には保証人に返済の請求をする事が出来ます。 また、保証人についてですがこれも重要な事になってきます。その理由につきましては保証人を存在しない人物名を書かれてしまった場合には、返済できなくなってしまった時には保証人も返済請求が出来なくなってしまいますので、友人にお金を貸す場合におきましては、保証人を信頼できる人物にしてもらう事が重要になります。 信頼できる人物としましては、両親や兄弟を保証人にして頂く事が重要で、実際に保証人が記載した事を証明する為に保証人に会って話をする事も重要です。このように友人にお金を貸す場合においては、きちんとした書類、保証人を付けてもらう事によって返済できなかった時にお互いが嫌な思いをする事なく出来るのです。 参考ブログ:困った時こそ役に立つ!お金の知識


IPOで当選したLINE株をホールドしている理由

Posted On Aug 23 2016 by

少し前の話になりますが、LINE(3938)のIPOに当選しました。 申込みに使った証券会社は、これまで一度も当選したことがなかったマネックス証券。 SBI証券で申込みをするか最後まで悩みましたが、一人一票制の方が有利かと考えたのが正解でした。 当選した直後は初値で株を売ってしまおうと思っていたのですが、調べていくうちにホールドしても面白いんじゃないかと思うようになりました。 まず、LINEはこの秋にも格安スマホ事業に参入予定であり、春に発表された事業計画では、月額500円でSNS使い放題という衝撃的なプランを発表。 これは競争が激化している格安スマホ業界の中でも破格で、世の中に衝撃を与えるのに十分すぎる内容でした。このように世間が驚くほどの事業プランを次々に投入してくる企業なので、今後もどんな企画が発表されるか分かりません。 特に期待できるのが多くのユーザーを獲得しているLINEゲーム。 ディズニーツムツムのように人気キャラとのコラボや、有名ゲームタイトルとのコラボなどいくらでも考えられます。それらが発表されたときは株価が跳ね上がることが予想されるので、しばらくホールドして売りのタイミングを待ちたいと思います。


IPO株を買うまでの流れ

Posted On Feb 11 2016 by

IPO株は証券会社が実施するブックビルディングに参加して購入します。 ブックビルディングとは株が市場で取引される前に購入できる仕組みで、 その証券会社に口座を持っていれば公募価格で買うことができます。 公募価格は「1000円から1200円で募集します」というように、 一定の値幅を持たせて募集が掛けられますが、 必ずといって良いほど一番高い価格で決まります。 そのため入札するときは最高値での入札が絶対条件で、 それ以下の価格で入札しても当選することはありません。 ブックビルディングは申込める期間が限られており、 上場日の二週間前くらいから申込みの募集が始まります。 いつ申込みが始まるのかは証券会社のホームページをチェックするか、 IPO情報サイトで事前に申込み日を確認しておく必要があります。 申込み期間はおおよそ一週間程度が一般的なので、 必ずこの期間内に申込みを行って抽選結果を待ちましょう。 申込み期間が終了すると証券会社が定めるルールで抽選が行われ、 当選発表が行われると同時に公募価格が決定します。 当選した場合は証券会社から購入手続きを行う必要があり、 この手続きを行わなければ当選してもIPO株を買うことができません。 抽選はあくまで購入の権利に対する抽選なのです。 購入手続きが済めば晴れてIPO株は自分のものになります。 あとは上場日に公募価格より高く売れるのを楽しみに待ちましょう。